Wifiの回線が遅くなる原因と対処

Wifiを使っている場合回線が遅くなるケースがあり、原因は様々なことが挙げられます。



まずよくある場合としてはWifiのルーターの位置が悪い点で、使用しているパソコンやスマートフォンまでの距離が離れている事によってスムーズに電波が受信できなくなります。
この場合一旦ルーターのそばで端末を使用し回線が遅くならないかチェックしておくことで、距離によるものかルーターが原因か確認することで原因がはっきりします。
また掃除や模様替えでルーターの位置を変えたり、端末との間に家具などをおくと回線が遅くなることがあります。
他の原因としてはWifiルーターの許容量をオーバーした数の端末を使用している事で、対処としては使用していない端末は接続しないかルーターの数を増やすか上限数の多いルーターにする方法などです。



また電子レンジやコードレス電話機等が干渉している点もあります。これは周波数帯域が2.4GHz帯である点で、これらの使用している機器が多いため電波の干渉が発生します。
さらに周波数帯域が狭いため、狭い地域に電波が集まると接続が不安定になるところも注意点です。



ルーターに原因がある場合は、一旦電源を切ってしばらくして再起動させると言った方法が直ることが多いとされ、ファームウェアをアップデートする事も改善するポイントです。

逆に端末の方を再起動させるケースも、有効な方法となります。


また端末の場合、セキュリティーソフトのファイアウォールを無効化する事も接続が安定するケースです。