Wifiは利用している回線に合わせて選びましょう

Wifiは無線LANの規格のひとつでもっとも多く利用されているものです、メリットとしては、ルーターからパソコンやスマートフォンなどの端末までの配線が不要であることです。
またWiMAXのようにWifiの技術を使って行うインターネット接続サービスを行っているところもあって、そのような場合にはモバイルルーターを電波の受信場所に設置することでインターネットに簡単に接続することが可能です。
WiMAXなどを除けば一般的には有線で引き込んだインターネット回線にWifiルーターに接続してインターネットを利用することになりますが、このさいに注意しなければならないのが引き込んでいるインターネット回線の速度です。



インターネットに接続する方法としては光回線とADSLが一般的な選択肢です。


光回線は光ファイバーを使ったもので非常に高速な通信が可能で、最高速度は1Gbpsに達します。



ADSLは、既存の電話線を利用して使用するものです。
光ファイバーが普及する前は安価に高速大容量で通信できるものでした。
速度ではADSLの平均は10Mbpsです。



Wifiを導入するさいには契約している回線速度に合わせて選ぶことが大事です。


WifiのIEEE802.11nであれば600Mbpsですので十分にインターネットを楽しむことができますが、古い規格の場合には、10Mbpsや54Mbpsといったものとなるので快適に使うことができないので注意が必要です。