大阪で評判を集めている水漏れ修繕のお店

知っていおきたい雨漏りの二次被害について

雨漏りは、生活する上においては不快感を覚えることになりますが、程度によっては放置されてしまう場合もあります。その多くは雨漏り自体に気が付かない場合もあり、確認をしていたとしても日常的に起きないなどが理由の1つに上げることができます。雨漏りで最も考慮が必要なものに二次被害があります。二次被害は場合によっては建物に被害を与えることもあり、衛生面など健康にも影響を及ぼすことになります。

また、修理をする場合にも必要以上の費用がかかることになり、放置すればするほどかかる費用も大きなものになります。二次被害でよくあるケースとしては内部腐食があります。雨水が侵入することで内部の木材が腐ってしまい、通常、隙間が出来たり、最悪、軒天上などが落下して初めて被害に気付くことになります。内部腐食は、屋根からだけでなく外壁面でも起きることがあります。

原因としては、サッシ廻りや外壁のシーリングの劣化から雨水が侵入することがあり、特徴として壁面表面からはヒビなどを除けば少ないことがあります。最近の住宅はサイディング仕上げが多く行われていますが、この場合、必ずシーリングの劣化が生ずることになり、概ね、10年程度で打ち直しが必要になることを認識しておく必要があります。雨漏り自体よりも二次被害が問題となるのは、下地だけでなく構造面においても被害が進んでしまうことがあります。特に梁などの横架材の場合に柱と異なり、上部に雨水が滞留する可能性が高く、天井にシミなどを確認した場合には十分に注意をする必要があります。

二次被害では、他に、雨水が壁体内に入ることでカビが発生したり、コンセントなどがある場合には漏電の危険性もあるために、早めの対処が大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です