大阪で評判を集めている水漏れ修繕のお店

業者が雨漏りの応急処置を断る理由

雨漏りが発生してしまって屋根の葺き替えを行わなくてはならなくなった等の場合、安くとも数十万円、高いと百万円以上の費用がかかることもあります。そのため雨漏りが発生してもすぐに屋根を葺き替えるのは難しいという人が多く、修理業者に対して「とりあえず応急処置だけしてほしい」と注文する人も少なからずいることでしょう。大半の業者はそうした注文に対して「それよりも修理をした方が良い」と答えるのですが、これにはれっきとした理由があります。ではその理由は何かと言うと、雨漏りは根本的な修繕をしない限り再発したり、別の場所で発生する可能性が高いということです。

まずそもそも雨漏りが起きる原因は何かと言うと、これは屋根に穴があいていたり、本来雨が流れていくはずのルートが使えなくなってしまって雨水が集まる場所が出来てしまっていることです。実際には他にも原因が考えられますが、おおよそはこのどちらかに当てはまります。こういった原因に対する応急処置としては怪しいところに防水加工をするというのが主になってくるのですが、プロでも「ここを直せば雨は絶対に入ってこない」というのは本格的な調査をしないと分からないことが多いのです。依頼主は応急処置と言っているわけですから数万円程度に抑えなくてはならない、そうなると本格的な調査など出来るはずが無い、結果として経験則に基づく応急処置しかできないということになってしまいます。

そうなると結局雨漏りは直すことができず、依頼人はその後に再発したのを見て「応急処置をしたのに直ってないじゃないか」というクレームを出すわけです。こういった経験はほとんどの修理業者が経験しているものですから、依頼人が納得できる最低限の形として修理を提案しているという事情があります。もちろん交渉すれば応急処置はしてもらえるでしょうが、それはあくまでも「効果があったらラッキー」くらいに思っておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です